印鑑通販比較.jp

イメージ

印鑑のネット購入のメリット

いつでも注文できる

昨今、印鑑はネット購入が主流になってきました。
ネットを利用すると、365日24時間いつでも注文することができるので便利です。
仕事が忙しく、なかなか実店舗の営業時間内に店まで足を運べない人でも、ネットであれば職場で休憩時間に注文することも、夜遅く自宅に帰ってから購入することもできます。

 

すぐ届く

また、ネット購入であれば、印鑑を注文してから届くまでほとんどの店舗で1週間もかかりません
物によっては即日発送されるので、翌日には手元に届く場合もあるというスピーディーさ。
配送日時の指定も可能なことが多いので、自分の都合に合わせて受け取ることもでき便利です。

 

実店舗よりとにかく安い!

更に大きなメリットとしては、上質な印材を使った印鑑を、実店舗の約3分の1の価格で購入できるという点が挙げられます。

なんでお店よりそんなに安くなるのか?

なぜ、ネットで購入すると安く買えるかと言うと、ネットで印鑑を販売している店舗の多くが、実店舗を持っていなかったり、実店舗をメインにしていなかったりするためです。
実店舗があるということは、そこに「家賃」や「光熱費」などが発生します。他にもネットショップでは人を常駐させる必要がありませんから人件費の削減もできます。

 

ネットショップではそれらのコストが商品の値段に上乗せする必要がないから安いんです!

 

つまり

経費の無駄が省かれている分、良い印材の印鑑を低価格で買うことができるというのが、ネット購入の最大のメリットと言ってよいでしょう。

 

おすすめの店舗比較サイト

印鑑をネットで購入する際は、まずは以下のサイトでお店の特徴を把握した上で、検討することをおすすめします。

 

実印作成ドットコム|即日発送通販の人気ランキング!価格や評判は?

 

※このサイトは印鑑のネットショップの店舗情報から、角印と丸印の違いなどの印鑑に関する基本知識まで幅広い情報が載っています。

 

印鑑のネット購入のデメリット

粗悪品を扱う業者に出会う可能性が

一方デメリットは、安さ重視、スピード重視の粗悪品を扱う業者に当たってしまう可能性がある点です。
完全手彫りを装って高額な値段を払わせておきながら、実は機械彫りという店舗がまぎれている可能性は否定できません。
完全手彫りであれば、職人が1本1本手作業で彫るため、世界にたった1つの印鑑ができます。

 

ところが、機械彫りは版下もコンピュータのフォントそのままが使われている場合があり、コピーがされやすいという問題点があります。

 

組合に加盟していない店舗は危険

印章組合がかつて公正取引委員会より勧告・指導を受けたため、組合に属している店舗では、彫り方の呼び名が定義づけられていますが、組合に加盟していない店舗では、定義は守られていないのが現状です。
「手彫り仕上げ」という名称も実は手彫りでなく、手彫り印鑑風の仕上げという意味ですし、大半を機械彫りにして、最後の工程だけ手作業にしているということころも数多くあります。

 

実際に買った人の口コミや評判を参考にして、良い業者を選びましょう。

 

印鑑の店舗販売購入のメリット・デメリット

今ではインターネットで色々購入出来ますが、印鑑もネット通販で安く購入することが出来ます。
品質も決して悪いものではなく、多くの方が通販を利用するようになっていますが、実際に店舗で購入するのも、メリット・デメリットの両方を備えており、どちらを優先させるかが重要となってきます。

 

商品を直接チェックできる

店頭で印鑑を購入する最大のメリットは、やはり商品を直接目にすることが出来るという点にあります。
印材にどんな種類があり、実際に見た色合いやさわり心地など、ネットだけでは分かりにくいポイントを知ることが出来ます。
実むつを見れるかどうかの差は大きく、ネットだけだと商品の状態は気付きにくいので、間違っても詐欺サイトなどに引っかからないように、信頼性の高いサイトにアクセスしましょう。

 

値段か高くなりやすい

店舗で購入する印鑑には、販売価格が高くなってしまうというデメリットがあります。
印鑑の販売は店頭の維持や商品の維持など、様々な費用が必要になるので、販売価格はどうしても高くなりやすいので、特に貴重な印材を使うときなどは、余裕を持った予算組みを心がけてください。
その分店舗によっては腕の良い職人が一から手彫りしてくれるので、より高品質な印鑑が期待出来ます。

 

店員と話が出来る

より良い商品を購入するためには、店員とのコミュニケーションも重要です。
店頭で購入する場合は、商品について気軽に質問できたり、商品の仕上がりについて相談したりと、より良い印鑑を確実に作れるよう、様々なサポートを受けることが出来るので、より高品質な印鑑が欲しいという方は、積極的に店頭に足を運んで、積極的に店員に話して、疑問点を解消させていきましょう。

 

店頭で買うにしろ、ネット通販で買うにしろ、どちらも一長一短で、必ず全てが上回っているというわけではありません。
実印や銀行印などの印鑑は、重要な場面で使う大切なものなので、それぞれのメリットとデメリットを把握した上で、一番納得できるお買い物が出来そうなほうを選びましょう。

 

ネット店舗と実店舗の違い

印材を手にとって選ぶことができるかどうか

印鑑を購入する際、購入先の候補として挙がるのがネットと実店舗の2種類です。
どちらを選ぶか迷う人も多いでしょう。
これらの一番大きな違いは、実際に印鑑に使われる印材を手に取って選ぶことができるかどうかという点です。

 

やはり見て選びたいという人は実店舗の方が良い

チタンや柘植などの植物印材であれば、特に実物を見て選ぶ必要もないでしょうが、水牛や琥珀など、1本1本模様が違う物は、店舗で実物を見た方が、仕上がってきてからイメージと違ったなどという心配がありません。
価格よりも印材の重厚感や手触り、重厚感を重視するなら、実店舗での購入がおすすめです。

 

価格の違い

しかし、価格面で比較してみると、ネット購入の方がかなり安くなります。
実際の店舗であればかかる家賃や光熱費がネットショップの場合は不要ですし、店舗のようにいつ来るかわからないお客さんのために店員が常時いる必要がないため、人件費も節減できます。

 

そのためネット購入の方実店舗と比較して、約1/2〜1/3の価格で印鑑を手に入れられます。

 

時間的制約の違い

また、ネットの場合、多くの店舗の価格やサービスを比較して検討することができますし、時間的な制約のある人は、ネット購入がよいでしょう。
自分の都合の良い時間に選ぶことができますし、受け取りも宅配の日時指定を利用すれば、自分の時間に合わせられます。

 

しかし、実店舗だと営業時間内でなければ注文も受け取りもできませんし、最低2回は店舗まで足を運ばなければなりません。

 

実印作成は安心できるお店を選ぶことが重要

イメージ

ただし、実印を作るという観点で比較してみると、実店舗、ネットどちらであっても安心できるお店を選ぶということが大事になります。実印は重要な契約や取引の上で本人を示すものですから、同じものが他に合ってはなりませんし、偽造されにくいことが重要なポイントです。

 

長持ちする印材を選ぶことも大事

また、欠けてしまうと効力を失いますから、長持ちする印材を選ぶということも必要になります。
昨今はスキャナーやコンピュータが発達しているため、中途半端な機械彫りの物を実印としてしまうと、偽造の危険性があります。
実店舗であれ、ネットであれ、手彫りの実印を扱っているお店を選ぶといいでしょう。

 

つまり

職人の手彫り印鑑を安い値段で早く手に入れるのであればネット購入、印材を自分の目で確認して、安心料も払うつもりであれば実店舗を選ぶとよいでしょう。