実印作成の前に知っておきたいこと

実印の定義は?

イメージ

実印は、特別な印鑑です。
と言っても、見た目が特殊なわけではなく、実印と呼ぶための条件も、市区町村役場に登録し受理されるということのみです。つまり、見た目が実印っぽくても、登録されていなければ実印ではなく、逆に百円ショップの三文判でも登録できてしまえば実印となるわけです。

 

しかし、印鑑証明書とセットになると、法的な行為を本人の意思で行ったものと証明する働きをしますから、その重要性をきちんと理解しておかないと、悪用され、知らないうちに身に覚えのない契約に巻き込まれたり、連帯保証人にされたりしかねません

 

実印はどんな時に使うの?

実印は、車や不動産の購入や売却、ローンなど借金をする際や、誰かの連帯保証人になるときなどに押す印鑑です。
実印を書類に押すことで、この契約を承諾したという意味になり、印鑑証明書でこの実印が本人のものという証明をするのです。

 

ですから、もし実印と印鑑証明書が他人に奪われてしまったら、他人が実印の持ち主のふりをして契約を結ぶことだって可能なのです。印鑑証明書がなくても、印鑑登録カードを奪われてしまえば同じこと。実印と印鑑登録カードを持って印鑑証明書を発行しに行かれてしまえば、悪用されることを覚悟しなければなりません。

 

つまり、それだけの効力を持つ実印なのですから、悪用を防ぐためにも管理は徹底しなくてはならないということです。できれば、実印は金庫の中に、印鑑証明書は普段から手元に置くのではなく、必要になった時に1通ずつ発行してもらうようにしましょう。

 

実印を作るときの注意点は?

また、実印は、その性質上この世に同じ印鑑が存在してはなりません。なぜなら、自分の意思で契約することを証明する印鑑なのですから、他人のものと同じ形をしていては困るのです。自治体によっては、文具店やホームセンター、百円ショップなどで買えるような大量生産の三文判でも実印として登録できてしまうことがあるようですが、他人と同じものを法的な効果をもたらす契約や金融機関への提出書類に使うのはとても危険であることは安易に想像できるでしょう。

 

ですから、印鑑登録し実印とするための印鑑は、できる限り偽造が困難な手彫りの物を選ぶのが理想です。
コンピュータの文字で版下を作り、ほとんどの工程を機械彫りで仕上げた実印よりも、職人の手書き文字を版下とし、職人が手彫りで作ったこの世に1本だけの印鑑を実印にした方が安全です。