【画像で分かる】印鑑によく使われている書体の特徴を知りたい!

印鑑に使われる文字には、様々な書体があります。私たちが普通に書いている文字は楷書と言いますが、印鑑の文字にはもっと独特のものがあります。

 

それぞれの書体の特徴を見ていきましょう。

 

印鑑の書体一覧

吉相体(きっそうたい) / 印相体(いんそうたい)

篆書体を基にして江戸時代に作られたのが吉相体です。お店によっては印相体(いんそうたい)と呼ばれることもあります。中央から八方に向かって線が流れるように広がるような形状に特徴があり、縁起の良いものとされているため吉相体と呼ばれます。

 

文字の原型が分かりにくいため偽造防止のために実印に良く使用される書体です。しかし、認印や銀行印には漢字の判別が難しいのであまり向いていません。

 

古印体(こいんたい)

古印体は、大和古印と呼ばれる奈良時代の寺社印がルーツになっている書体です。日本で進化した印章用の書体で、虫食いや墨だまりが見られるのが特徴です。

 

はんこに良く使われる書体で、銀行印や認印に向いていますが、フルネーム彫刻する場合などには若干貧弱に見えることもあります。

 

篆書体(てんしょたい)

中国から伝わった旧漢字で、日本の紙幣に印刷されている印影はこの書体です。縦と横の線の交わり方がきれいで、ほとんどの文字が正方形に収まるようにできていて味わいがあります。

 

銀行印や実印に利用されることが多い書体です。

 

行書体(ぎょうしょたい)

行書体は楷書体を筆で早書きした書体で、なめらかで力強い筆運びが特徴です。

 

印刷物などには良く使われる書体です。印鑑に使用されることはあまり多くありませんが、シャチハタなどには使われることもあります

 

隷書体(れいしょたい)

古印体の原型となった書体で、中国の秦〜漢の時代に篆書体の書きにくさを補うために簡略化して作られた書体です。波打つような横線のうねりや力強いハネなどが特徴的です。

 

大ぶりで読みやすく、認印に向いています

 

楷書体(かいしょたい)

隷書体から変化した書体で、筆運びが明確な筆文字の書体です。

 

ハガキや名刺の印刷、シャチハタのインク内蔵式のはんこなどによく使われています。一般の文字と同じで読みやすいのですが、印鑑にはあまり向いていません

 

まとめ

しっかり書体の特徴を理解して、印鑑を購入する際にはその特徴にあった書体をなるべく選ぶようにしましょう。