印鑑を保管する上でのポイントとは<銀行印・実印>

印鑑は気を付けて保管しなければなりません。認印やシャチハタ印などは、使いたいときにすぐ取り出せる場所に保管している人が多いかもしれませんが、銀行印や実印を同じように保管してはいけません。他人に使用されないように保管する必要があります

 

銀行印を保管する上でのポイント

銀行印は預金を管理する上で重要な役割をする印鑑です。実印ほど厳重に保管をしなくてもかまいませんが、いい加減な保管の仕方をしてはいけません。

 

特に、銀行印と通帳をセットで保管するようなことは
絶対に避けましょう。

キャッシュカードの場合は、暗証番号がわからないと勝手に預金を下ろすことができませんが、通帳と登録した銀行印がセットになると、それらを窓口に持って行くだけで誰でも預金を下ろすことが可能になってしまいます。

 

また、文字を書き込むのはやめて、自分だけが判別できるように、印材を変えたり色を目印にしたりした方が安全です。

銀行によって別々の銀行印を用意している場合など、後でわからなくならないように、銀行名を印鑑に書き込んだり貼り付けたりしている人もいるようですが、それは他人にどの印鑑を使えば引き出せると伝えているようなものです。

万が一どの印鑑で登録したかわからなくなった場合は、可能性のある印鑑を窓口に複数持って行き、どれが登録印鑑か確認してもらうことができます。

 

銀行印の保管は、他の人に銀行印と通帳を一緒に持ち出されないようにするのがポイントです。

 

実印を保管する上でのポイント

実印は、法的な権利や義務を発生させるときに使われる印鑑ですので、他の印鑑よりも厳重に保管する必要があります。厳重に保管というと、単純に盗まれないようにすることと思われがちですが、実印の場合は他人に悪用されないように気を付けて管理するという意味です。実際、実印本体だけが盗まれても効力は発生しませんから、印鑑証明書が共に盗まれなければ、ただちに問題が起こるわけではありません。

万が一実印を紛失したり盗難したりした場合は、廃止の届け出をすれば悪用を防げます。

つまり、実印を保管する上で一番大事なポイントは、実印と印鑑証明書を一緒に保管しないということです。

印鑑証明書は必要になった時に、使う分だけを発行してもらい、余分に手元に置くことは避けましょう。

また、印鑑登録カードをバッグや財布と共に普段から持ち歩くこともやめた方が無難です。

なぜかというと、印鑑登録カードと生年月日や名前がわかる運転免許証や保険証、住民票などを一緒に提示すれば、誰でも印鑑証明書を発行してもらうことができてしまうためです。

 

理想の保管場所は貸金庫ですが、少なくとも、実印と印鑑登録カードを一緒に保管しないように気を付けましょう。